oolonet B

version 1.5 2007
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< ちょっと気になったこと | main | 機種変更 >>

Boot Camp

 お馴染みApple Computerが驚きの動きを見せた。
 Mac上でWindows XPを稼動させるソフト、その名も「Boot Camp」のパブリックベータの配布を本日より開始したのである。Intel CPU搭載のMacで、OS X/Ver.10.4.6以降でないと動かせないみたいだが、エミュレータではなく、マルチブートでキチンとWindowsを稼動できるようである。
 今までも「soft Windows」や「virtual PC」など、Mac上でWindowsOSが動くソフトはあったが、どれも結局エミュレータで、使い勝手は今一つであった。だが「Boot Camp」は違う。MacがIntel CPUを搭載したが故に成せる技である。
 MacがIntelプロセッサを搭載した時も相当驚いたが、今回もそれ相応に驚いた。まさかMac OS XとWindows XPをマルチブートできるようになるなんて、考えもしてなかった。
 「Boot Camp」はソフト単体としての販売予定はなく、あくまで次期OS X(10.5)「Leopard」に標準装備される予定だそうだ。
 Apple曰く、Mac上でWinを稼動させることによって、如何にMacというコンピュータが優れているかをWinユーザーに知ってもらい、Macユーザーとして導引するのが今回の「Boot Camp」の開発目的だと主張しているが、オレは逆効果も大いにあると思っている。Macユーザーがこれを期にWinに触れ、やがてWinユーザーとして流れていくのではないか?
 Mac OS Xは非常に優れたOSだと思う。かつてのMacOSの良い所を継承しつつもUNIXの長所をふんだんに活かしている、素晴らしいOSだ。洗練されたGUIはとても他のOSには真似できないだろう。しかし、汎用性、使い勝手、拡張性というOSとして最も大切な要素はWindowsの足元にも及ばないと思っている。パソコンをどういった目的で使っているかにもよるが、オレの使い方では、Mac OS Xはとてもじゃないが不便だ。
 オレはWinユーザーでもMacユーザーでもない。どっちも使用頻度が高いし、目的に応じて使い分けている。いつもどっちもどっちだと思っている。だからどっちの肩を持つ訳でもないし、むしろどーでもいい。どちらかに固執し、もう一方を罵倒する奴がいたら、その理由を聞いてみたい。どうせ犬も喰わないようなクダラナイ理由だと思うがw
 …話がそれたが、オレはどうもAppleの経営方針が気にくわない。確かにAppleはいつだって素晴らしいモノを提供してくれる。MacもiPodも重宝している。だけど、昔からのその独占的な経営が鼻につく。もっと技術・情報を他のメーカーとシェアし、競合・切磋琢磨して業界全体を活性化する義務があると思っている。「Boot Camp」の発表はそのAppleのイケナイ傾向が緩和されたのか、と思い喜びを感じた、のも束の間、声明を読んでガッカリした。結局またWinのユーザーが云々…。とほほ。もっとカッコイイこと言えよ。 そんなことだから、iTunesのことでフランス政府から茶々を入れられるんだよ!でも応援してるよApple。基本的には好きだから。

アップル、Boot Campを発表(アップルコンピュータ)
Boot Camp Download(米アップルコンピュータ)
Apple、「iTunes」事業で仏市場から撤退も(日経BP)


Boot Camp
電気系 | permalink | comments(1) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

hotwiredは更新停止しちゃったのでここでチェックしよっと。
すべてにうなづいたよ!
okada | 2006/04/07 12:29 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://oolonet.jugem.jp/trackback/10
この記事に対するトラックバック